PassivAircon

 

建築と一体で考えられたパッシブエアコンなら、不快な風や屋内の温度差に悩まされない、快適な温熱環境をつくりだします。
熱と空気をデザインするOMソーラー30年の実績から生まれたエアコンを、これからの日本の家の標準へ。

 

 

パッシブエアコンのある暮らし

わたしたちは皆、知っているはずです。暖かい空気は下から上に移動し、冷たい空気は上から下に移動することを。でも、空気の流れをデザインするのがとても難しいことは知られていません。
壁掛けエアコンや床下に設置したエアコン1台を稼働するだけでは、実際には足元だけ寒かったり、頭のまわりだけ暑すぎたりと、身体への負担も大きく、とても不快なものです。
パッシブエアコンは、パッシブデザインの要素を採用した家の小屋裏に設置され、ダクティングにより冬は床下から暖房を、夏には天井から冷房することで屋内の温熱環境を一年中快適に維持します。建築と空調設備が一体で計画されることで、屋内も屋外もすっきりと収まり、そのうえ煩わしい日々のお手入れも1台分。これからの暮らしを、シンプルで快適なものへ導きます。

 

パッシブエアコンによる暖房の特徴は、暖かい空気が足元から全館へ流れること。屋内全体がムラなく温められるので、足元が冷えてしまうこともなく、部屋ごとの温度差によるヒートショックの心配もありません。

 

局所的な冷房でなく、冷たい空気を頭上から屋内へ均一に送ることで、最適な温熱環境を実現します。

 

 


 

5つのパッシブデザインの要素を採り入れた家へ

パッシブデザインの家は、パッシブの5つの要素、「断熱」「日射遮蔽」「昼光利用」「日射熱利用」「自然風利用」それぞれを高い次元で実現することで、自然エネルギーを活用しながら快適な住環境を生み出します。
パッシブデザインの家に最適な空調設備が、パッシブエアコンです。

 

 


 


詳細はこちら